オスグットなら秋田研究所へ

FrontPage

キャッチ

書籍の紹介

悩み

画像の説明

当院の患者さんの声

患者さんの声

Q1 来院される前、どのような症状で悩まれていましたか?

昨年の8月頃から、右膝の下あたりが痛いと言い、ボールを蹴ったり、走る事が困難でした。

整形外科を受診して、オスグットだと診断され、装具を付けながらサッカーを続けていましたが、良くなる兆しもなく、右膝、足首、足の甲と次々に痛みが出てきて、困っていました。

Q2 当院へ来院されて現在その症状はどうですか?

1回目の施術で、右膝の痛みはなくなりました。

左右の骨盤の高さが違っていた為、いつも太ももが張った状態で、触るとパンパンでしたが、今はだいぶ柔らかくなりました。
立ち姿勢も、座る姿勢もとても良くなりました。

Q3 当院は他の整体院と何が違いますか?

痛い所だけの部分治療ではなく、骨盤の高さ、ストレッチの仕方、普段の間違っていた生活習慣(立ち姿勢や座り方など・・・)まで、トータルで指導もしていただき、毎回納得させられます。

Q4 最後に同じ症状でお困りになっている方にひとことお願いします。

ある程度の年齢になると治ると言われたオスグットでしたが、そのある程度までの期間は子供にとって、苦痛の日々です。

好きなスポーツも思うように出来ず、痛みを騙しながら続けさせていた期間がとても悔しいです。

オスグットは、何かの原因があって膝に負担がかかり、起こる症状なので、その原因を見つけてもらい、1日も早く施術していただく事をお勧めします。

画像の説明

Q1 来院される前、どのような症状で悩まれていましたか?

オスグットで両膝に痛みがでて、階段を上るのも手をついて上がる辛い状態でした。

Q2 当院へ来院されて現在その症状はどうですか?

現在では両膝の痛みもなくなり元気にしています。痛みだけでなく、膝の下の骨が出ていたのがなくなり、 足もまっすぐになった様な気がします。

Q3 当院は他の整体院と何が違いますか?

本当に不思議ですが、薬も飲まず、シップなどもなく、先生の施術だけで痛みもなくなり、同時に身長もぐっと伸びました。

Q4 最後に同じ症状でお困りになっている方にひとことお願いします。

成長痛だと放っておかずに、ぜひ、先生の施術をおすすめします。

画像の説明

Q1 来院される前、どのような症状で悩まれていましたか?

右ひざがオスグットの痛みが強く、普通に歩くのも困難。

Q2 当院へ来院されて現在その症状はどうですか?

痛みの訴えがほとんどなくなり、バスケットの試合に出れるようになった。

Q3 当院は他の整体院と何が違いますか?

それぞれの症状に合った治療で痛くない。施術は眠ってしまうぐらい気持ちがいい。 丁寧に説明してくれるのがありがたいです。

Q4 最後に同じ症状でお困りになっている方にひとことお願いします。

病院で成長痛と言われた方にひとこと。シップを貼っても大きくなってもなおりませんよ。

患者さんの声

Q1来院される前、どのような症状で悩まれていましたか?

中学生の頃からオスグットで、整形外科、接骨院に行っても全く痛みが改善されず、正座だけでなく立ったり、しゃがんだりも辛かったです。大好きなバスケットも痛みに耐えられなくて止めました。

Q2当院へ来院されて現在その症状はどうですか?

立ったり、しゃがんだりが全く苦痛にならなくなり、家事・育児がラクにできるようになりました。

Q3当院は他の整体院と何が違いますか?

整形外科→湿布のみで全く改善されず・・・

接骨院→電気を流してもらったが骨が痛い感じがせず改善されず・・・

元気堂→ほんとにこれで大丈夫なの?と思うくらいの痛みのない施術で、痛みが気にならなくなった。

Q4最後に同じ症状でお困りになっている方にひとことお願いします。

何をやっても、どこに行っても一向に良くならなかったのに、あんなに苦しんだ痛みが一回の施術でうそのように改善されました。

何で早く元気堂さんまで辿り着けなかったか悔やまれます。痛みがとれ、育児、家事がラクになりました!!

画像の説明

あなたはお医者さんから「オスグットは成長痛だから成長が止まるまでその痛みと付き合っていくしかないよ」と言われもうオスグットは治らならないんじゃないか・・・

そんなお悩みがありこのホームページにたどり着いたのではないでしょうか?

あなたと同じように「色々な治療をしているのに一向に治らないオスグッドに悩んで我慢している子」はとても多いです。「もう、どうすれば良いかわからない」そんな状態だからこそ本当の事実を知ってください。

最初にハッキリさせておきますが、オスグットは成長痛ではありません。

でも、お医者さんが「成長痛といってるし」と反論が聞こえてきそうですが・・・・

ドクター

無理に信じてくださいとは言いません。
しかし、よく考えてみてください。

もしオスグットが「成長痛」が原因なら、あなたと同じように練習している同年代のチームメイトは全員オスグットでしょうか?

オリンピックの選手も成長期には必ずオスグットを経験しているのでしょうか?

下記の方のように大人になってもオスグットで苦しんでいる人もいます。

患者さんの声

このことからも「成長痛」だけでオスグットだと片付けられるのは納得できるでしょうか?

また、「オスグットは成長が止まるまで治らない」という間違った常識から、子供が痛みを我慢してスポーツを続けていると、痛みがどんどん悪化して、最終的には練習や試合に出れなくなり膝の痛み以上に精神的な痛みが大きくなります。

でも安心してください!
先程も言いましたようにオスグットは成長痛でもなければ、大人になるまで我慢しないといけない症状ではありません。

あなたのオスグットが改善していないのは、オスグットになった根本的な原因を治療していないからです。いくら痛い膝だけを治療してもその原因をつぶさない限りオスグットは改善しません。

根本原因

根本原因1

オスグット病は膝の皿の下にある、出っぱった骨が痛みひどくなるとボコッと出っ張ってきます。この出っ張ってくる骨は脛骨粗面(けいこつそめん)と言われる場所ですが、この部分には主に太ももにある様々な筋肉が付着しています。

サッカー

だから、バスケットのようにダッシュしたり、ジャンプしたり、相手をかわすために足に急ブレーキをかけたりすると、太ももの様々な筋肉に大きな負担がかかって、異常に太ももが硬くなってしまったことで下の図の様に膝の皿の下にある骨をグイグイ引っ張られて、最終的にはその引っ張りに耐え切れなくなった骨が命綱の杭が外れるようにボコッと出っ張ってきます。

画像の説明

根本原因2

現在はインターネットが普及しているのでオスグットに関しても色んな情報が手に入ります。

根本原因1の「太ももの前の筋肉」の硬さも、病院や治療院のホームページに当たり前に載っているので「そんなことは知ってるよ!でも、太ももを柔らかくしても治らないんだ!」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

確かに当院でも太ももの柔軟性は重視していますし、オスグットの原因が太ももの筋肉の硬さだけなら、太ももの柔軟性をつけることで改善します。

でも、太ももの柔軟性をつけただけでは改善しない子もいます。

それは太もも以外にも原因があるからです。

軽症のオスグットであれば根本原因1の太ももの筋肉を正常化すれば改善しますが、重度のオスグットは複数の原因があることが多いです。その複数の原因の一つが「太ももの前の筋肉」を更に負担をかけています。

それが根本原因2の「骨盤のゆがみ」です。

骨盤上方ゆがみ

図のように太ももの筋肉は骨盤に繋がっています。
その骨盤が上方に歪むと太ももの筋肉を更に引っ張ることでますます膝の皿の下にある骨をグイグイ引っ張ります。

だから、骨盤のゆがみを取らないと、硬くなった太ももだけを柔らかくしても膝の皿の下にある骨への負担は軽減しないのです。

オスグット重度
根本原因3

オスグットはスポーツ障害と言われますが、実はスポーツをやっていない子でもオスグットになることは意外と多いです。このことからもスポーツで体を酷使したから痛くなると言うことだけではないことが解ります。

そして、部活やっている子もやってない子もある共通していることがあります。それは姿勢の悪さです!

昔と違ってインターネットやスマホ・ゲームと現代は姿勢が悪くなるアイテムが満載なので悪い姿勢が習慣化する原因になっています。

画像の説明

先月、子供のPTAに行きましたが、クラスの中は猫背の集団化しているくらい姿勢が悪い子が非常に多くて驚きました!

猫背になると図のように骨盤は後傾し太ももの筋肉を強く引っ張ることになり、頭の位置が前に来ることによりバランスをとるために膝を軽く曲げる状態になります。

これは軽くスクワットしている状態なので常に膝に負担がかかります。

ちなみに図のように猫背にしてその場で足踏みをしてみてください。

骨盤後傾

どうですか?
足が重く、膝があがりにくくありませんか?
この状態では速く走れませんよね?

そして今度は逆に背筋をピンとして姿勢を正して、その場で足踏みをしてみてください。

どうですか?
さっきよりも足が軽く感じ、膝が上がりやすくなりませんか?

このように、姿勢が悪いと身体はゆがみ膝に負担がかかるだけでなく、スポーツのパフォーマンスが落ちます。

発病の過程
発病の過程1

ここまでの話をまとめますとオスグットが発病するまでの過程は上図のようになります。

だからいくら根本原因1 使いすぎによる「太ももの前の筋肉」の硬さや、根本原因2 骨盤のゆがみをとって楽になっても、家や学校で悪い姿勢をとることで当たり前ですが痛みは戻ってしまいます。

オスグットとは関係ない話ですが、大手の入社面接では姿勢が悪い人は第一印象も悪く作業効率も低い人が多いので、採用しないようです。

それくらい姿勢とは膝の痛みだけではなく、子供たちの未来にも影響を与えるくらい大事なことなので、姿勢を正す良い習慣を身に付けることが根本的解決に繫がります。
画像の説明
画像の説明
理由1
整体のイメージでよくあるボキボキといった整体、バギッと無理な力で骨を鳴らす矯正もしませんし、力を使わなくても一瞬で矯正できる高い技術力があります。

整体のイメージはボキボキと患者さんが唸り声をあげている怖いイメージがあると思いますが、回復整体リセット療法は、子供から高齢者まで、どんな方でも施術を受けられるほど、全く痛くないソフトな施術になります。

この施術方法は他の治療院のように「押したり・叩いたり・揉んだり」はしません。なぜならば、体にとって強い刺激は筋肉の緊張を高めリラックスすることができなくなり、骨格の矯正力が弱まる、つまりゆがみが取れにくくなるからです。

また、強い刺激による骨折等が年々増加していることからも、強い刺激は施術者の技術力の差でそのような事故がおきるリスクが必ずあるので、当院では力を使わなくても一瞬で矯正できる全く痛くないソフトな施術でゆがみを矯正しています。

理由2
朝起きたとき腕をあげて、ファーッと背伸びをする行為。
この場合は、たぶん気づいていないと思いますが息を吸いながら背伸びをしています。

その証拠に逆に息を吐きながら背伸びをしてみてください。
どうですか?

息を吸った時よりも吐きながらのほうが手が上がりにくくありませんか?

また、下に落ちたものを拾おうとするときは息を吐きながら前にかがみます。

これも逆に息を吸いながら前かがみになってみてください。
きっと息を吐いた時よりも吸いながらのほうが前かがみになりにくいのが実感すると思います。

このように、人間が普段何気なく行っている動作に対して、呼吸というものが大きく関わっていることが解ると思います。

これらは自然の法則であり、呼吸は自然な動作を助けているとも言えます。だから呼吸は施術の際に絶対に無視出来ないのです。

呼吸法を間違って施術すると、自然な動作の邪魔をすると身体に余計な緊張を与え、筋肉は不自然な緊張をしてしまいます。

例えば足や腰を牽引するときも呼吸法を無視して無造作に牽引すると身体の緊張が増すことになります。

逆に、呼吸法を正しく理解し適切な使い方をすれば、身体は安心し、短時間で筋肉は緩みます。

当院では他の治療院にはない、呼吸法を最大限活用するので短時間で結果を出すことができます。

理由3
あなたは病院や治療院の先生から「練習を休まないと治らないよ」と言われたことがあると思います。そのことは全くその通りで当院でも練習を完全に休んだほうが完治までの時間が練習をしながらの治療よりも倍以上も違うので、早く改善させるためにも練習を休むことを提案しています。

しかし、患者さん本人は「レギュラーになりたい!」「ライバルに負けたくない!」「監督や先輩に怒られる」「チームに迷惑をかけたくない」などの理由から練習を休めないのが現状です。

それでも、病院や他の治療院の先生は「練習を休まなと・・・・」というでしょう。

仕方がないので先生が言われるままに練習を休むが思ったより痛みが回復しない。

なぜでしょう?

それは体のストレスが減っても心のストレスが焦りや不安・恐怖心で増えているからです。

当院ではこの心の疲労を回復させることがオスグットを改善するポイントだと思っているので、練習を続けることで「試合にでれないかも」「レギュラーにならないかも」という焦りや不安・恐怖心が少しでも和らぐのであれば、練習を完全に休むよりも練習を続けながら治療をしたほうが治りが良いと考えています。
(もちろん、早期回復する条件を納得したのであれば練習を完全に休んだほうが早く良くなります)

基本的に当院では痛いことはしない、痛くないことはやってもいいというスタンスです。

なので、痛い練習はやらずに痛みがでない練習を選んでやれば問題ありません。

走ることができないのであれば、椅子に座ってドリブルやパスの練習、上半身の筋力アップの向上、心肺機能の低下が心配であればストローをくわえての椅子に座っての高速腕振り、実践練習ができなくてもイメージトレーニングなど工夫すればやれることはいくらでもあります。

もともと、オスグットになったくらいなので、あなたは自分の限界を超えて練習をがんばってきたのです。そこまで頑張ったあたなの技術や体力は少しくらい休んでも落ちません。

だから今できる練習をやるだけで十分です。
オスグットになったのは、あなたが悪のではありません。夢や目標のために頑張りすぎたからです。これからは体の声も少しは聞いて好きなスポーツを全力で出来るようになりましょう。

治療院紹介

仙北市・大仙市方面の方は

回復センター角館
【携帯・スマホの方は、ここをタップしてください!直接お電話できます。 】
プロフィール
アクセス
ホームページ

秋田市・能代方面は

ゆらゆら整体仁
【携帯・スマホの方は、ここをタップして下さい!直接お電話できます。 】
プロフィール
アクセス
ホームページ

横手市・湯沢市方面の方は

ゆらゆら整体元気堂
【携帯・スマホの方は、ここをタップして下さい!直接お電話できます。 】
プロフィール
アクセス
ホームページ

予約
整体料金3
今すぐお試し

仙北市・大仙市方面の方は

回復センター角館
【携帯・スマホの方は、ここをタップしてください!直接お電話できます。 】

秋田市・能代方面は

ゆらゆら整体仁
【携帯・スマホの方は、ここをタップして下さい!直接お電話できます。 】

横手市・湯沢市方面の方は

ゆらゆら整体元気堂
【携帯・スマホの方は、ここをタップして下さい!直接お電話できます。 】

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional